腰痛をストレス解消で治す会 » 治療方法

治療方法

腰部脊柱管狭窄症は薬物や注射、そして手術という多くの方が受けられる治療方法の他にも、鍼灸などでも治療が可能なようですが、九州の福岡にあるある鍼灸院では、足部分の神経の血流を改善することで腰や臀部、また太もも、ふくらはぎなどの痺れや痛みを軽減させていく方法で脊柱管狭窄症の治療をされています。

日本で良く知られている脊柱管狭窄症の改善法言えば、ブロック注射や手術、リハビリなどで、鍼灸院という選択肢は意外と浮かばないと思います。

薬剤や手術、リハビリなどと違って、鍼灸は脊柱管狭窄症にどのように作用し、改善していくのか、鍼や灸と聞いただけではうまく想像がつかない人も多くいるためかと思われます。

鍼灸の場合、中国の特殊技術を使ってやはりツボを刺激して血流を増加させる、という方法によって脊柱管狭窄症の症状を改善するという形になりますので、外科での治療とはかなり違うものでしょう。

また、この方法でもかなりの患者さんが改善されたとのことですので、針治療で他の病気が治ったなどの経験のある方などはかなり効果が期待されることでしょう。

九州には腰部脊柱管狭窄症の名医と呼ばれる医者も多くありますので、地元で症状のある多くの方も色々な方法を試しているようです。

外科での手術を受ける前に一度やってみようか、という方も多いようですが、効果は施術者の技術にも大きく左右されますし、健康保険を適用する場合には医師との連携が必須となります。

実際に鍼灸に行く前に、普段からかかっている先生に相談してみるといいでしょう。