腰痛をストレス解消で治す会 » すべり症のストレッチ

すべり症のストレッチ

慢性的な腰の痛みという症状が多いすべり症ですが、その腰の痛みを軽減するための手法として日々の生活の中へのストレッチの導入というものがあります。すべり症に対して有効とされているものがありますので、簡単に紹介をして行きます。

まず、すべり症の治療にストレッチを取り入れる目的ですが、こういった運動を行うことで、こわばってしまった、緊張状態となってしまった筋肉をほぐすことが出来ます。

すべり症などから来る痛みは筋肉に緊張状態をもたらし、血行を阻害します。そのことにより十分な栄養成分を運ぶ血流が得られないことなどが生じ、痛みをさらに増幅させてしまうという悪循環へ陥らせてしまいます。筋肉をほぐすことでこれらを防ぐことが出来ます。

さらに筋力的な面から見ると、すべり症は腰を支える筋肉や靭帯といた部位が弱まることも骨のすべりが進む原因と考えられます。そのようなすべり症の進行を補助的に防ぐ役割の筋力を鍛えることも効果的です。

まず腰の筋肉をほぐすストレッチの具体例としては、まず仰向けになりその状態で片方の膝を胸の方へ持ちあげ、出来るだけ胸へと付けるように引き寄せます。そこで10秒程保持しゆっくりと体勢を戻し、逆足へと移行します。

この動作をすることで、腰の筋肉をほぐすことが出来ます。次に腹筋を鍛える運動の例としては同じく仰向けになりその状態で膝を立てます。その後膝の方へ向って頭を上げていきます。

この時首を曲げるように頭を上げるようにはしないで、腹筋を意識して頭を上げることが重要です。この他にも実に沢山の種類のトレーニング法があります。鍛える部位によってその内容もかなり異なってくるので、書籍やインターネットなどを利用して調べるのが良いでしょう。

ほんの些細な運動でも続けることで確かなすべり症改善効果をもたらしてくれるでしょう。