腰痛をストレス解消で治す会 » 鍼灸と不妊

鍼灸と不妊

鍼灸と言えば、鍼灸師が行なっている、身体の不調に対して行われる処置ですが、この鍼灸、実は意外に多くの症状に効果があると認められているということをご存知でしょうか。

鍼灸の効果についてはWHO(世界保健機関)を「有効である」という見解を示しています。それらの効果は「神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー」などの神経系疾患。

「関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症」などの運動器系疾患。

「心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ」などの循環器系疾患、「気管支炎・喘息・風邪」などの呼吸器系疾患。「胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾」などの消化器系疾患。

「更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊」など、意外に多く、驚いた人も多いのではないでしょうか。

特に、不妊に対して鍼灸の効果は、悩んでいる方にとっては、心強いものではないでしょうか。鍼灸は、手術などといった西洋医学ではなく、東洋医学に分類されます。東洋医学において、不妊は「腎」の不足によるものであると考えられています。

「腎」というのは単に臓器のことを示しているのではありません。生殖器をつかさどり、人間の誕生から成長、生殖、老化に至るまでの、人間の身体を調整している総称として使われています。

この中には「ホルモン」なども含まれます。このように、生殖器との関わりが大きいと考えられている「腎」が、妊娠・出産において非常に大事な役割を果たしているというわけです。この「腎」の不足を鍼灸で補うことで、不妊を改善していくという考えです。