腰痛をストレス解消で治す会 » 筋肉痛とストレッチについて

筋肉痛とストレッチについて

筋トレ後など、筋肉を動かすと痛むという経験は皆さんお持ちかと思います。いわゆる、「筋肉痛」ですね。ところで、この筋肉痛についてですが、どういったメカニズムで発生しているか、あなたはご存知でしょうか。

実を言うと、痛みの発生するメカニズムについていくつかの仮説が立てられてはいるものの、残念ながら現在も見解が統一には至っていません。

現時点で最も有力とされている説は、「筋線維とその周りの結合組織の損傷が、回復過程において炎症を起こし、この際に発生した発痛物質が筋膜を刺激する」というものです。

とは言うものの、どのようなメカニズムで筋肉痛が発生しているかについては、やはり研究段階にあると言えるでしょう。しかし、今述べた説では、自分で行うストレッチや中川式ストレッチングベンチが効果的であると言える上に、実際にその効果は認められています。

筋肉痛になるということは、身体の筋肉が破壊され、そこで炎症が発生していることだと言えます。その状態でさらに酷使すると、当然その損傷は悪化するでしょう。

それを防ぐためにも、ストレッチ自体は、軽めのものとしておくべきでしょう。軽く動かしてあげることは、血行を促進することにもつながります。そうしてより多くの酸素と栄養素を届けることで、筋肉の修復・回復が早まります。

逆に、そのまま身体を動かさないと、筋肉が硬直し、可動域が狭くなります。そうならないためにも、身体を動かして温めて、ストレッチしてあげる必要があるのです。

これらは「積極的休息」と呼ばれる対処法です。その逆の方法として、冷やしながらある程度時間をおいて安静にする、入浴などで温める措置を施すというような「消極的休息」があります。

また、運動や筋トレを行うと筋肉痛が発生すると考える人が多いと思いますが、それは間違いで、トレーニングには、必ずしも筋肉痛は伴いません。