腰痛をストレス解消で治す会 » 腰痛の原因について

腰痛の原因について

人間の体を支える上で最も大事な要となる場所が腰です。健康的な生活を送っていくためには、普段から腰をいたわる生活習慣が必要になってきます。腰痛の原因には様々なものがあります。

腰痛で一番初めに思い浮かぶものと言えばぎっくり腰ではないでしょうか。他にも椎間板ヘルニアも有名です。筋肉痛で腰が痛くなることもありますが、これは時間が経てば自然に痛みはなくなってきます。

他にも骨粗鬆症や感染症、腫瘍でも腰痛になることがあります。痛み方も、動けなくなるほどの激痛から、慢性的な鈍い痛みまで様々です。腰痛の原因で最も有名なぎっくり腰や椎間板ヘルニアは、普段の生活習慣を改善することで防ぐことができます。

ぎっくり腰は運動不足の状態で無理に腰に負担がかかるとなってしまいます。運動不足の状態だと、運動以外に、背中の筋を伸ばそうとストレッチするだけでぎっくり腰になる人もいます。

椎間板ヘルニアも腰に負担をかけ続けることで発症します。また、姿勢が悪いと腰への負担が大きくなるため、椎間板ヘルニアにかかりやすくなります。どちらも腰への負担を和らげるように日常生活の中で工夫していけば防ぐことができます。

骨粗鬆症は年齢を重ねるとどうしても骨の密度が減ってきてしまいます。食生活に気をつけていけば老後も健康的な生活が送れるはずです。椎間板ヘルニアは重いものを持ったり、運んだりする仕事よりも、長時間座り続けるデスクワークの人がかかりやすいと言われています。

椅子に座っている状態は腰に対して大きな負担をかけ続けることにつながるからです。労働作業で重いものを持つと腰に負担はかかりますが、同時にそういった人たちは腰の筋肉がしっかりしているため、腰にかかる負担を筋肉で支えることができます。

腰痛になる原因は意外なところにも潜んでいます。運動不足に気を付けて、正しい姿勢を維持し、腰への負担を減らすように努力することで、腰痛の原因の大半を取り除くことができます。