腰痛をストレス解消で治す会 » 簡単な頚椎ヘルニアの予防方法

簡単な頚椎ヘルニアの予防方法

頚椎ヘルニアにならないようにするために、簡単な予防を説明します。かなり簡単に説明しているので注意してください。

基本的に頚椎ヘルニアになるには、首に負担がかかってしまうからです。だから、その負担になるような行動を避けるようにするのが良いでしょう。

例えば、机で何かをやっている時に、猫背になりながら顔だけ机に付か付ける行為などは、かなり負担になっているでしょう。

そしてその状態で長時間居る事自体もかなりの負担になります。このようなことをしないためにも、姿勢を正して机に向かうようにしてください。

そして、定期的に伸びなどをして体を休めると良いでしょう。次に、休憩時の姿勢です。首だけあげている姿勢は、かなり首に負担がかかります。

だから、寝転がるような姿勢をしないようにすれば良いでしょう。仮にしたとしても、これも定期的に首を休めたり、伸びをしたりすると良いですね。

荷物を持つ時に、片方の肩に負荷をかけるように持つのはあまり良くありません。これをすると体のバランスが悪くなり、頚椎ヘルニアになりやすくなります。

それに、場合によっては他の病気を出すことも在りますので注意してください。出来れば、交互に持つようにしましょう。肩が疲れたなと思ったら片方の肩に持ち変えるようにすれば良いですね。

そして、最後に寝る時は横になるようにするのが良いでしょう。首だけが曲がらないようにするために、横に寝ることで首に負担がかかりません。

ただし、下に引いているベッドか布団が凸凹している場合は、首に負担がかかる場合が在りますので注意してください。出来るだけ曲げないように、水平の状態にしましょう。

このように頚椎ヘルニアにならないように予防をすることができます。まあ、今回説明したのは姿勢関係なので、運動をすればわりと改善されるので、運動をしっかりとするようにしてくださいね。