腰痛をストレス解消で治す会 » 頚椎ヘルニアと後方除圧術

頚椎ヘルニアと後方除圧術

頚椎ヘルニアの手術法として比較的リスクの低いものといえば、この後方除圧術が挙げられるでしょう。

後方除圧術の中にも椎間孔拡大術や椎弓切除術、椎弓形成術など何種類かの手術法がありますが、これらはどれも前方固定術とは異なり後方、つまり首の裏側から施術を行う術法です。

後方除圧術には手術の方法が異なる種類があり、切開をして目視下で行うものや内視鏡または顕微鏡で施術を行う場合のものがあります。頚椎ヘルニアの場合、切開術でよく利用されるのは椎弓形成術で、この術式は首の後頭部側を切開し髄核や神経根を切除、摘出するのではなく除圧するという方法をとります。

頚椎ヘルニアでこの方法の治療を行う場合、基本的に大きく椎間板を切除、摘出するわけではないので施術後直ぐに縫合することが可能ですが術式によっては固定術が必要とされることもあります。

頚椎ヘルニアでこの手術に要される時間は2~3時間とそれほど長くなく、術後は早い場合だと翌日から歩行が可能とされています。入院期間は2週間~3週間でありカラーの着用も不必要とされていますが、デメリットとしてこの術式は頚椎後方の筋肉などを術中に痛めてしまうことが症例として少なくないので要注意です。

椎間孔拡大術や椎弓切除術は椎弓形成術とは異なり、内視鏡や顕微鏡にて施術します。これらの術式は傷口が一般の切開術と比べてとても小さく済むので、体にかかる負担が最小限に抑えられるという利点があります。

しかし、目視下切開術とは異なりモニターなどを使用して施術を行うため普通の手術よりも更なる技量が求められると言えるでしょう。

これらの術式は体への負担の面では比較的軽いと言えますが、あくまでも「除圧」という方法なので頚椎ヘルニアの原因を全て切除し頚椎ヘルニアを完全に取り除くということは出来ません。

施術中による神経損傷や筋肉損傷などがあった場合には、その症状が後遺症として体に残ることもあり、原因は残ったままなので完治してからも日常生活を繰り返しているうちに頚椎ヘルニアが再発してしまうというケースもあるようです。