腰痛をストレス解消で治す会 » 接骨院での保険適用

接骨院での保険適用

あなたが、例えば「捻挫した」といった場合には、病院にかかりますよね。そしてもちろん、その診療代には「健康保険」の適用が可能です。

しかし、同じくあなたが「捻挫した」としましょう。そこで、もし病院ではなく、「接骨院」にかかった場合、健康保険の適用は可能なのでしょうか。

ここでは、「接骨院」において、「健康保険」の適用がどうなっているのかについて説明していきたいと思います。

さて、結論から言ってしまえば、接骨院においても保険適用は「可能」となります。しかし、接骨院で施術を行う場合には、保険適用に関していくつかの制限がつきます。

接骨院で行われている施術に関してですが、接骨院では、「柔道整復術」と呼ばれる処置が行われています。この処置は、「医療類似行為」の一つであって、この施術を行う資格を持つ者を「柔道整復師」と呼びます。

この「柔道整復師」は、国家資格となっていて、もちろん国家試験が行われています。この資格は、「柔道整復師法」の規定に基づいて与えられています。

この法律によると、「柔道整復師」が行えると定められている業務範囲は、「施術所(「接骨院」、「整骨院」)を開設できる。」、「接骨院などの施術所では、外傷による怪我(捻挫・打撲・挫傷・脱臼・骨折)を治癒させる施術を行うことができる。」、「脱臼・骨折の場合は、医師の同意がなければできない(応急手当を除く)。医師は、できれば外科医・もしくは整形外科医が好ましいと、厚生労働省通知がある。」となっています。

しかし、健康保険は医師の診断書がなければ適用できません。ですが、接骨院の業務範囲である打撲・捻挫・挫傷・骨折・脱臼の5つの疾病に限っては、保険適用が可能です。また、医師の同意書なしで請求できる場合もあり、急性か亜急性の打撲・捻挫・挫傷がそれにあたります。