腰痛をストレス解消で治す会 » 健康と鼻血

健康と鼻血

鼻血はすぐに健康の心配があるという症状ではありませんが、それでも鼻血の状態が悪いと救急車を呼ばなければならない健康状態になることがあります。

鼻血は、よく子供が起こすと言われますが、鼻の中にあるキーゼルバッハ部位と呼ばれる場所から出血することがほとんどです。またこの部分は、鼻の入り口にほぼ近く、血管も多く通っていますので、意外にちょっとしたことでも出血しやすい部位です。

子供が鼻に指を入れる場合、指が細いためこのキーゼルバッハ部位を直接刺激してしまう場合がほとんどです。

大人の場合は、アレルギー性鼻炎や花粉症などがあると、鼻の粘膜が炎症を起こして出血しやすい状態になっていますので、くしゃみをしただけでも出てしまうことがあります。

鼻血を止めるために必要な処置として、圧迫止血というものがありますが、キーゼルバッハ部位の場合は小鼻の部分を指でつまんで圧迫することができます。

また圧迫の目安は15分程度です。テイッシュなどを詰めていれば治る、という方は多いですが、これはキーゼルバッハ部位ではなく他の部位から出血がある場合は止まりますが、テイッシュ等の詰め物を取ると再出血することもありますので、詰め物はあまり効果はありません。

また救急車を呼ばなければならない健康状態とはどのようなものかと言えば、止血を試行しても30分以上止まらない、というのが目安です。

特にキーゼルバッハ部位からでない場合、それよりも奥の部分からの出血の場合は、外側から圧迫してもなかなか止まりませんし、出血している部位によっては外科処置が必要になります。出血量が多くなると、輸血も必要になってきます。

鼻血が多くなると、健康を崩し病気にかかっている兆候であるとよく言われますが、鼻血のほとんどはこのような、健康にはあまり問題のない軽い原因によるものです。

しかし血液の病気などで健康が崩れている場合でも鼻から出血することがありますので、鼻血の頻度が多くなっている、また鼻に直接指をかけたりすることはほとんどない、という場合は健康に注意するようにしましょう。

血糖値測定器をお探しの方はこちらのサイトがお勧めです。