腰痛をストレス解消で治す会 » 腰椎椎間板ヘルニアの好発部位について

腰椎椎間板ヘルニアの好発部位について

腰椎椎間板ヘルニアが最も出やすいのは、4、5番目の腰椎の間、または第5腰椎と仙椎の間です。人間の背骨はきれいにS字を描いていますが、椎骨でもっとも下に位置する部分に、姿勢の悪さや歪みなどの影響がより大きく出ます。

また、この部位で発症すると、ほとんどの患者さんが坐骨神経痛の症状を訴えます。この坐骨神経痛の痛みは症状の中でも特に激しく、咳やくしゃみをしただけでも激痛が走る、などとよく表現されるものです。

またこれら下部の腰椎椎間板ヘルニアは足の症状が顕著なため、特に急性期では歩行することもままならなくなることがほとんどです。松葉杖をついて歩いている人がいる、という場合はほとんどこのことが原因です。

腰椎椎間板ヘルニアのこの部位での発症の好発年齢は若年者です。また早ければ10歳代で発症が見られる場合もあります。また40代を境に症状が変化してくるのも特徴です。

椎体や椎間関節の変性による症状が多くなり、変形性脊椎症、椎間関節症などが主な症状です。腰椎椎間板ヘルニアはより上位の部位で発症するのは珍しく、特に1番目と2番目の間というケースは稀ですが、症状としては他の症状と変わりはありません。

坐骨神経痛によって尻もちをついたりしただけで激痛が起こったり、緊急入院しなければならなくなることもあります。

また好発部位に大きく起こった場合でも、上位の腰椎にも小さいヘルニアがある場合もあります。あるいは痛みがなく、そのまま長い時間が過ぎ、上位の腰椎でのヘルニアが痛みを発症するというケースもあります。

予防方法としては、まずは姿勢を正すこと、そして筋肉の緊張をできるだけ避け、ストレッチすることです。ヘルニアがどの部位に、いくつ出るかは、人によって違ってきますが、症状や予防方法、治療法にもあまり変化はありません。