腰痛をストレス解消で治す会 » ブロック注射の費用と負担

ブロック注射の費用と負担

ブロック注射は、保険診療の対象となるため、一般的に初診料と別途で3割負担となります。正し、腰痛などブロック注射が使用の対象となるような持病、症状がなければ治療を受けられないので、まずは専門医にその状況を説明し、腰痛の原因を判断してもらうようにすることが先決になってきます。

費用自体は、かなり価格に差があり、通常であれば、おおよそ一回4000円程度が対象になります。これは、通常の注射よりも高いのは、ブロック注射はペインクリニックの対象であり、局所的な麻酔的な治療を行うことになるため、専門的な施設や治療方法を用いることになるためです。

また、2000円程度の費用の負担が済むこともあるので、各医院にどの程度の負担になるのか、ある程度判断してもらうようにすることが望ましいといえます。

いろいろと、腰痛の負担を冷静に判断し、より具体的にその対処方法を知るようにすれば、ブロック注射自体の回数を減らすことも出来るようになるので、結果としてブロック注射の回数を少なくして、費用を抑えるような方法もあります。

出来るだけ、繰り返し同じ治療を受けないことが望ましく、ブロック注射も麻酔の一種なので、使用することによって、効果が薄くなる、きかなくなるような可能性もあります。

これらのことを想定して、どのような治療方法がより望ましいのか、総合的に判断しておくことが、最終的には必要になっていくということがいえます。

色々と、腰痛の原因がありますが、その判断基準をしっかりと持つことによって、これまで以上に、いろいろと腰痛の予防や防止をしっかりと対応しておくようにすることが望ましいといえます。腰痛については、出来るだけ早期に、専門医に相談するようにしてくださいね。