腰痛をストレス解消で治す会 » 椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアは、一般的に次のような経過をたどって発症していきます。発症のパターンとして、まず腰が痛いだけの腰痛となり、次第に下肢痛を伴うようになります。

また、数年前から何回もぎっくり腰を起こしていて、次第に足やお尻が痛んだり、しびれたりして、坐骨神経痛を起こすようになってきます。

そして、そのうちに日常生活も辛くなり、寝ているときが一番楽で、中腰や前屈みになっているときが痛く、次第に腰の痛みのために椅子に座っていることができなくなります。

ほとんどの場合、腰椎の前屈で痛みが増強する前屈障害型の腰の痛みに悩まされます。一部は後屈障害型になりますが、痛みや痺れが酷くなると、椎間板ヘルニアの手術を検討していきます。

椎間板ヘルニアの多くは、椎間板の外側の線維輪が断裂して、その中身ともいえる髄核、あるいは線維輪、軟骨板などの組織の一部が突出して神経を圧迫し、その結果、下肢痛などの神経症状を示したものです。

この疾患は、ヘルニアの脱出の程度、脱出の部位、傷害された神経根の状態、年齢などによって、様々な病態を示します。

症状も、腰部や下肢に立ったり歩いたりできないような激しい痛みがある重症のものから、普通の状態では痛みはないが、腰を前に曲げると痛い、また背中を伸ばしたままで足を上げて坐骨神経の障害をみるテストを行ったときにだけ軽い痛みがあるといった程度の軽症のものまであります。

実際にどれほどヘルニアが飛び出ているかは、MRI検査で簡単に分かります。整形外科などに行けば検査ですぐに分かります。

椎間板を守るためにどのような日常生活を送れば良いかを判断するためにも、自分の椎間板がどんな状態になっているのかをぜひ知っておく必要があるかと思います。