腰痛をストレス解消で治す会 » 腰椎椎間板ヘルニアと脳神経外科

腰椎椎間板ヘルニアと脳神経外科

腰椎椎間板ヘルニアの治療をするところといえば、整形外科と思う方は多いと思います。しかし、実際には、特に日本では、脊椎に関する病気の治療は脳神経外科と整形外科のどちらでも行われているのが実情で、どちらも脊椎の病気に関する学会を持っていて研究を進められているようです。

整形では、腰などの体幹を支えたり、動作を制御する、といった運動器に関する治療を専門として扱いますが、脳神経外科では、主に神経に関する分野が専門で、脊髄は神経を囲んで保護している器官であるということから、神経を主眼において治療をする、ということのようです。

いずれにしても、椎間板ヘルニアに関する基本的な治療方法は変わらないようです。大きな病院であれば、どちらの科も存在するのが常と考えていいと思われますが、そうでないケースでは、ヘルニアの患者さんが骨折をしたりするケースを考えた場合、整形外科に入院する、という方法もあると思います。

また、椎体に針を通したりする施術を頻繁に行っているのは、脳神経外科のほうであることも判断の材料になる場合があると思われます。

特に椎間板ヘルニアの改善にレーザー治療などをする上では、神経の知識を通じて幅広い技術を持っているほうが安全、と考える椎間板ヘルニア患者さんは少なくないようです。

顕微鏡を使用した椎間板ヘルニアの手術法である、マイクロサージャリーは、ほとんどが脳神経外科での施術になるとのことです。また、この方法は最も成功率が高いともよく言われています。

また、脳神経外科での椎間板ヘルニア手術のほうが一般的に成功率が高い、あるいはかなり開きがある、ということも言われることがあるようです。しかし、整形外科の名医がいたら、そちらの方を選ぶ人もいるでしょう。

椎間板ヘルニアをどちらの科で行うにしても、まずどれくらい信頼できるのか、という基準から判断することが必要になってくると思います。