腰痛をストレス解消で治す会 » 両変形性膝関節症の検査はお早めに

両変形性膝関節症の検査はお早めに

両変形性膝関節症は膝関節の軟骨が磨り減ることによって膝の骨が変形していき痛みを発生させる病気で、多くの人が治療を受けています。

重症患者は人工関節を取り付けるなど大掛かりな手術をすることになるので身体に違和感が出た時は早めに病院で検査を受けることが大切です。

変形性膝関節症を発症しているかどうかは軟骨が削れて骨が変形しているかどうかを調べる必要があるので、検査にはレントゲン撮影がよく用いられます。

レントゲンはX線を利用して体内の骨の様子を撮影する機材なのですが軟骨部はX線を透過してしまうのでレントゲン撮影を行っても軟骨は撮影されません。

それでどうやって調べるのかというと、軟骨が磨り減るとその分膝の骨と骨との間の間隔が狭くなり健康な人の膝と比べるとその差は非常に大きなものとなっています。

レントゲンではこの隙間の狭さで軟骨がどの程度削れているのかをある程度判断しています。つまりレントゲンでは直接軟骨を診ないで周りの状況から状態を予想しているのです。

その他にもレントゲンでは軟骨が無くなったために直接ぶつかっている骨が削れて棘状になっている骨棘があるかどうかも調べています。重症患者の場合はさらに詳しい情報を得るためMRIを使用して検査を行います。

MRIは水素原子を磁気などによって振動させ、その動きをモニタリングすることで体内の状態を撮影する機器で、軟骨や半月板、膝に溜まっている関節液などレントゲンでは撮影できない部位まで鮮明に撮影することが出来ます。

変形性膝関節症は具体的な症状が中々出ずにじわじわと進行していく病気でもあります。

仮に膝に痛みが出るといった症状が出ても年のせいだからとそのまま放置する人も珍しくないので、年に一度病院で定期健診を受ける日を設けたりなど自分の健康状態をチェックする機会を作ってみてはいかがでしょう。