腰痛をストレス解消で治す会 » 浴室のバリアフリーリフォーム

浴室のバリアフリーリフォーム

高齢化社会が進んでいる現代では、バリアフリーリフォームという言葉が一般的になってきました。今回は、そんなバリアフリーのリフォーム工事でもっとも需要の高い浴室工事について書きます。

まず、昔の住宅の浴室はタイルで出来たものが多かったと思います。タイルの浴室は、床がつるつる滑る上に冷たく寒い室内でした。そして、洗面所と浴室の入り口の間には段差。

この段差は、洗面所ないに水が入らないようにするための工夫ですが、高齢の方や障害のある方には厄介な段差です。この段差を解消したいと浴室のリフォーム工事をする方は多いです。

この段差は、ユニットバスにすることで簡単に解消されます。段差のないフラットな床面なので安心して出入りができますし、ユニットバスの床の機能として乾きやすい目地になっており連続でお風呂にはいっても水滴の量はダイブ少ないです。

浴室での転倒の原因ともなるので早く乾けばその心配も少ないですよね。そして、基本の付属として手すりも準備されます。基本の付属は、浴槽の中と外の部分です。後は、オプションとして別購入で取り付けが可能です。